« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012/05/04

英雄*戦姫攻略

まぁ、攻略、ったって順番にイベントをクリアしていけばいいだけですからね。
別に詰まる事もないとは思いますが、私は一カ所だけ詰まりました。
萌えの具現であるとある神(?)。
そいつとの戦闘だけはかーなり苦戦したのでまとめておきたいと思います。

以下ネタバレ


英雄*戦姫の真ボスであるアンゴルモア。(這い寄る混沌?なんの話です?(笑))
なにしろHPが310000!(ハードモード時)
しかも、HP10000程度の栽培マン(あれ?)を無限に呼び出すという恐怖の存在。
まさに恐怖の大王。
もう一回戦えと言われても正直もう遠慮したいそんなあいつの攻略です。
もちろんいろんな倒し方があるとは思いますが、私はこうやって倒した・・・ということで。


●使用キャラ
主人公(英雄召喚のため)
ヴェディヴィエール(削り頭&カルンウェナンで雑魚をつぶす)
ガラハド(アイスソードで速度-2、スピードダウンで速度-1を狙う)
ヒミコ(回復&属性解除要員)
ラスプーチン(回復要員)
太公望(ブレイブポイント貯め要員)
●召喚キャラ
アーサー(エクスカリバーで全能力-1する)
宝貝(回復&BP貯め要員)


●戦闘方法
序盤
まず、キャラの全能力が-5されているので、BPを貯めてヒミコに辺津鏡を使わせる。
アンゴルモアは魔法属性のため魔法以外の攻撃はこっちのBPが貯まらないため、太公望のスーパーチャージを活用する。


中盤
雑魚をカルンウェナンでぷちぷちつぶしつつ、太公望の封神台で宝貝を2つ呼ぶ。宝貝は基本的にスーパーチャージでBPを貯める係。BPが10個貯まったところで英雄召喚でアーサーを呼ぶ。
合間合間でガラハドにスピードダウンとアイスソードを使わせる。


終盤
アンゴルモアをタコ殴り。


●アンゴルモアの戦い方
BPが貯まってないときには直接攻撃。BPが3以上あると終末の影を呼び出す。敵キャラは6体までしか存在できないので、終末の影を5体召喚している状態では直接攻撃をしてくる。はっきり言って敵が6体いると負けモードなのでとにかく早め早めにつぶしていきアンゴルモアには召喚に専念させるのが良い。


●終末の影の種類
終末の影は、弓タイプ、銃タイプ、投げタイプの3種類がいる。一番やっかいなのは投げタイプでダンシングエッジで範囲攻撃をしかけてくる。なので、投げタイプの終末の影は最優先でつぶす必要がある。
銃タイプはダメージが大きいのであまり相手にしたくない。なので、攻撃の優先順位は2番目。
弓タイプは比較的ダメージが低いのであまり相手にしなくても良い。・・・とはいえ、5体貯められてしまうとアンゴルモアの攻撃が始まってしまうので、ちょくちょくつぶす必要はある。
理想型は、アンゴルモア、終末の影(弓タイプ)x4の構成である。終末の影のHPは1000ぐらいまで減らしておくとなお良い。まぁそんな理想的な形はほとんど作れないので、うまいことカルンウェナンを使ってつぶしていく。そのときの優先順位は上に書いたとおり。


●まとめ
上記の戦い方で戦うと、30分くらいでアンゴルモアを倒せました。
もっと効率の良い戦い方があるのかもしれませんが、私はこの法則を見つけるまで4時間ぐらい試行錯誤を繰り返したのでもうおなかいっぱいです。(笑)
もし、もっといい戦い方があったら教えてくださいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

英雄*戦姫の好きなキャラ

ほかのサイトを見ていると、いろいろ好みがあるようで「へー、そんなキャラ使うんだ」みたいなのもあったりして楽しいです。
もちろん逆もまた真なりで私の持ちキャラも「へぇ?」みたいに思われたりするんでしょうね。
とゆーことで、私の好きなキャラたちを挙げていきます。

以下ネタバレ・・・

・主人公
標準的強キャラ。最初から最後までお世話になります。必殺技コストが3なのがなかなか良い。


・ヒミコ
回復キャラとしては標準的。英雄技が範囲回復なので役に立つ場面では役に立つ。戦闘中に回復させると次ターンでの回復コストが安くすんだりするので、積極的に回復を飛ばしていく・・・という考え方もある。


・武蔵坊弁慶
標準的な槍キャラ。アイテム持ち数が多いので、クリティカルアップアイテムとクリティカルダメージアップアイテムを装備させたりすると安定する。


・織田信長
攻撃力が高いので、一点突破するにはよい。反面、防御が激弱なのであっさり倒されたりすることも。


・安倍晴明
魔法キャラ。魔法キャラは弱点が多いので使いづらいのだが、清明の範囲攻撃は初期ではお世話になった。


・ランスロット
標準的なキャラ。順調に成長させていけば最後まで使える。


・コロンブス
強銃キャラ。直線攻撃、範囲攻撃とそろっているので中盤でかなりお世話になる。ただ、銃は弱い敵にはめっぽう弱いので、最後まで育てるには愛がいるかも。


・ワイナカパック
範囲攻撃のあるブーメラン使い。うまく敵の配置がはまると気持ちいい。


・モンテズマ
中盤戦で役に立つ爪キャラ。前一列しか届かないが優位な属性が多いのでダメージは大きい。


・アリストテレス
弓キャラは苦手なキャラがあまりいない割りに射程が長いので戦線維持に便利。


・カンビュセス
仲間になった時点でHPが多いのでなかなか役に立つ。


・アルキメデス
やはり、初期HPが多いので助かる。


・カエサル
たゆん。


・ラスプーチン
英雄技は前列限定だが完全回復できるので狙って育てる価値がある。


◆円卓の騎士たち
どのキャラも安定して役に立つが、全部は育てきれないのでそこはお好みで。


・パーシヴァル
通常攻撃の射程が長いのと、英雄技がx5ダメージと高いので育て甲斐がある。


・ヴェディヴィエール
殴りキャラだが、英雄技が射程無限かつダメージx5なので非常に強い。


・モードレッド
英雄技が直線上に強い。


・ケイ
英雄技よりアトミックレイの方がコストパフォーマンスが良い。


・ガラハド
英雄技の付属効果(速度-2)が役に立つ場面では役に立つ・・・かも。


・ガウェイン
英雄技の効果範囲が自由度が高いので使いやすいキャラ。


・アーサー
英雄技が直線射程無限の上、付属効果(全-1)がボス戦では役に立つ。


◆古代英雄たち
どのキャラも強いが、お金でHPが回復できないという弱点がある。アイテムと組み合わせつつキャラを絞って使っていくといいかも。

・アトラス
英雄技の全範囲攻撃が雑魚戦では役に立つ。ダメージも高め。


・エンキドゥ
英雄技が完全防御なので、狙って使えると有利に立てる。


・クーフーリン
英雄技が射程無制限なのが強い。


・ジークフリート
防御力はピカイチだが、ほかのステータスはそれなり。


・ヘラクレス
とにかく大ダメージ。英雄技の攻撃範囲も広い。


・太公望
宝貝を召喚できるので、長期戦になれば有利。(アンゴルモア戦とか)



まぁ、個人的な評価で使いやすいキャラを挙げていきましたが、使いやすさとかそゆのを無視して好きなキャラを挙げると、源義経、カメハメハ、ドレイク・・・いやいやいっぱいいすぎて挙げきれません。
英雄*戦姫のキャラはみんな魅力的です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

英雄*戦姫ハードモードクリア記念

とゆーわけで、英雄戦姫を無事にクリアいたしました。
天狐というメーカのデビュー作なのですが、なかなかいい感じで楽しめました。
私は年に一本ぐらいしかゲームをプレイしないぬるゲーマーなのですが、それだけにやるゲームは面白いものを選びたいと思っています。
その点で英雄*戦姫は合格点です。プレイ時間はおそらく一周50~100時間ほど。かーなり重量級のゲームでした。
イラストは大槍葦人氏。この人、デビューの頃から知ってますが、ロリ絵が得意なのかと思っていたら、巨乳絵もかわいいのが判明。(カエサルとかカエサルとか)
あ。ちなみにこのゲーム、18禁です。18才未満はプレイしちゃだめよん。

ゲームシステムはシミュレーションタイプの戦闘もの。戦闘エリアは3x6とかなり狭いもののその中でもユニットによる優劣や攻撃範囲などバリエーションに富んでいるので、なかなか戦術を練るのが楽しいゲームです。
システム的には簡単にやり直しやロードができるので、勝てるまで何度でも挑戦することができます。

シナリオはルートが自由に選べるマルチシナリオ。もちろんルートによって難易度が異なるので素直におすすめの順番でプレイするもよし、高難易度なルートを攻めるもよし。
そしてエンディングはノーマルエンドとトゥルーエンドの2種類。まぁ、普通にプレイしていればノーマルエンドには遭遇しないので実質シングルエンディングだと考えて良いのではないかと。マルチシナリオシングルエンディング、これ、私の一番好きなパターンなのよね。なので、その点でも高評価。
そして、トゥルーエンドを迎えると次はハードモードをプレイできます。単に敵の戦力が増えるだけでシナリオ上の違いはないですが、これはこれでやり応えがあっていいですね。

シナリオネタも一ひねり二ひねりあって、プレイしていて楽しい。初めは単に世界版図を広げていけばいいのかとおもいきや・・・

しかし、ハードモードをクリアしてもご褒美はなし。あらあら、それはちょっと寂しいねえ。(笑)
まぁ、ファンディスクを出す予定があるみたいなので、それに期待・・・ですかね。

不満と言えば、さっきのハードモードにご褒美がないのと、シナリオ回想モードがないこと。
元々このゲーム、あんまりエロくない(それ目的で買うと不満が出るかも?)のだけど、それでもシナリオ回想モードぐらいはつけて欲しかったなあ。
この二つぐらいで、あとは非常によいゲームでした。

ゲームプログラムの修正パッチが出ているので(現在は1.04が最新)、まずはメーカサイトでダウンロードして当てておきましょう。1.00でも別に不具合なく遊べますが、バージョン上がるたびに操作性が良くなっているので、最新のパッチを当てるのが吉です。

っつーことで、英雄*戦姫、おすすめです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »