« 2012年1月 | トップページ | 2012年4月 »

2012/02/28

ベルセルク

やべ。
うちの近所の映画館では3/2が上映終了なんだって。
早く行かないと前売り券が無駄になっちまわぁ。
しかし、一ヶ月も上映しないんだねえ。
まぁ、それだけマイナーなのかもしれない・・・。

とゆーわけで、明日は仕事がオフなので行ってくるかねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/02/27

ATOKpassport

とゆーわけで(?)、ATOKpassportを購入。
これ、中身はATOK2012なので、今まで使ってたのがATOK2009なので3年ぶりのバージョンアップです。
別に2009でも困っちゃいなかったんだけど、せっかくだから赤い扉を選ぶぜ・・・とゆーことで。(イミ不明
とりあえず、2009と比べると口語の変換が賢くなってる気がしますね。それでも、変換できないものはあるんですが、とはいえMS-IMEなんかと比べると雲泥です。
あと、便利なのが、カタカナ語から英語に変換してくれる機能。つまり、「ぱすぽーと」って打つと「passport」って変換してくれるんですが、綴りに自信のない英単語をカタカナから拾ってくれるのでこれは助かりますね。

しかし、いいこともあれば悪いこともあり。なんか2009に比べて文節分析がお馬鹿になってる気がしないこともない。んなとこで、切らねーよ・・・ってところで文節が切れたりすることが今までに比べて増えた気がする。尤もこれは2012の口語変換機能に頼って、文語的じゃない言葉を変換しているせいかもしれませんが?まぁ、ちょっと気になりますね。もちろん、MS-IMEの誤変換っぷりにくらべれば全然マシなんだけど。

あとは、文末の長音記号がうまく確定されない件。例えば「だねー。」って打つと「だね-。」ってなったりする。これは2009の時からそうだったんだけど、2012になっても相変わらず改善されず。
文末に来るのは長音記号だろう。ダッシュなんかつかわねえよ・・・とか思うのだけどそれは私個人の事情かなあ?
あるいはどっかに設定があったりするのだろうか?

あーあと。FEPとしての機能にちょっと問題あり? これはATOK2012の問題じゃなくてATOKPassportの問題かもしれないのだけど、時々勝手にFEPがオフになったりするのよね。これはすごい困る。はっきり言ってバグだと思うのだけど、これはどこにフィードバックすればいいのかなあ。

さて、ATOK単体じゃなくてATOKpassportにした理由は、ウチのWindowsマシンが3台あるせいなのだな。ちゃんと契約読んでないけど、ATOK単体でも3台までインストールできるとは思うのだけど、それだとさらに増やしたいときに困るからねえ。passportだと10台までインストールできるから、さすがに個人で10台マシンを使い分けてる人はかなり特殊な人だろうし、困らないと思う。
あと、ATOKSyncというのを試してみたいというのもあり。これは、各マシンのATOK間で辞書の共有をしてくれる機能なのだが、この機能を使うためにはJustsystemのインターネットディスクに申し込む必要があるのな。んで、ATOK単体だと一年目は無料だけどそれ以降は有料になるっぽい。ところがATOKpassportだとこれがずっと無料になるのでその意味ではpassportのアドバンテージがあると思う。


・・・そんなわけで、今はpassportの2012を使用中。月300円というのが高いか安いか迷うところだけど、私は安いと思うよ。
ただ、ネックは2週間に一回以上はインターネット認証が必要になるという点。家のマシンはいいんだけどモバイルマシンは2週間起動しないことがあるんじゃないかなあ・・・?
私は結構外に持ち出したりしてるので、大丈夫だとは思うけど。

まぁ、まずは一ヶ月間無料のお試し期間があるので、興味がある人は試してみるといいと思うよ。
MS-IMEの変換効率にむかついてる人は導入する価値があると思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/02/15

ネタがありません。(笑)

タイトル通り。

最近、特に変わったこともしてないしねえ。
あー。情報処理試験に申し込んだぐらい?
情報処理試験って5000円だからほかのベンダ系の試験に比べて安いのはいいのだけど、いい加減落ちてばっかりではいかん。
すでに2回落ちてるしね。(汗)
今度こそちゃんと勉強して受からねば。

ネタといえば、FreeBSD9.0 RELEASEのデュアルブートのためのインストール記事を書くっつって書いてないね。(汗)
でも、需要あるのかな???
需要があるのなら、書くんだけど・・・?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年1月 | トップページ | 2012年4月 »