« 換装後 | トップページ | メモリ »

2009/07/24

べんちまあく

HDDのベンチマークならCrystalDiskMarkの方がいいよと某所で言われたので、改めてそっちでベンチマークを取ってみた。


けっかー
・旧HDD(TOSHIBA MK8025GAS)
Score_4



・新HDD(WDC WD3200BEVE)
Score_3



うひ。全然スピードちゃうよ。そうかぁ。2倍違うのかぁ。そら体感速度も変わるわ・・・という感じ。やっぱり、プラッタ密度が全然違うんだろうなぁ。旧HDDは確か2.5inの最大が100GBだった時代に買った80GBのHDDなので当時はそれなりに速かったハズなのだけど、現在最大容量の新HDDにはかなわないというのも時代の流れというものか・・・。
今まで、マシンの速さというとHDDよりもメモリ容量の方が大事だと思っていたけれども、これだけスピードに差があると体感速度にも影響するのだね。10000円は痛かったけれどもいい買い物したかな。満足満足。







<<おまけ>>
ついでに、メインマシンのHDDもスピードを測ってみた。
メインマシンは、WD RapterとSAMSUNG EcoGreen F2の2台構成なのだけど意外な結果が。
Cドライブ(WD740ADFD)
Score_1



D・Eドライブ(HD154UI)
Score_2




なんと、10000rpmのRapterより、5400rpmのEco Greenの方が速いという結果に。これは明らかにプラッタ密度の差が影響してるんだろうねぇ。
当然、Rapterの方が速いと思ってそれだけCドライブにしていたのだけど、それって意味ないらしいよ。なんてこったい。こんな結果が出るなら、Eco Greenだけの構成で充分ってことだね。
しかし・・・うーむぅ・・・そうかあ・・・。なんか複雑な気持ちだな。

|

« 換装後 | トップページ | メモリ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50484/45724761

この記事へのトラックバック一覧です: べんちまあく:

« 換装後 | トップページ | メモリ »