« 表示(BlogPet) | トップページ | 日曜日 »

2009/06/06

VirtualPC

結局、LANがつながらない理由は、HOST側で設定が誤っていたからであった。
そりゃ、いくらGUEST側で設定見直しても直らないはずだわ。

以下手順
スタートメニューから、Windows Virtual PCを選択し、仮想マシンをクリック。
Virtual Windows XPがあるので、右クリックし設定を選択。
XPが起動中・休止中の場合は設定が変えられないので、左下の「閉じる」を選択し、次の操作により自動的に閉じるの項目をシャットダウンにする。
  ※どうも、VPC上からはログオフはできるけれども休止とかシャットダウンとかは選べないものと思われ
VPCを起動し、×ボタンで閉じる
そうするとシャットダウンが行われる
シャットダウン後、設定のネットワークを選択
アダプター1を共有ネットワーク(NAT)から、システムの物理NICに選択変更する
ついでに、メモリ量がデフォルトで256MBなのはいかにも貧弱なので変更する
設定のメモリをクリックメモリ量を好きな分だけ確保する。
  ※ウチは、物理メモリ4GBのうち1GBを割り当てた
んで、あとは普通にVPCを起動する、と。

なんか、知り合いはこんな事しなくてもはじめから使えたというのだが、もしかしたらDHCPを使うかどうかではじめから使えるかどうかが変わるのかもしれない?

んで、性能だが、ちまたでいうほど悪くはない気がする。性能が悪いと言っている人はメモリ量をデフォルトのまま変更してないんじゃないかなぁ???

ベンチマークといえば定番のソリティア(笑)だが、やってみたところではストレスなくプレイできたし、クリア後のごほうびも少し遅いかな? という程度だった気がする。

あとは、ベンチマークソフトだが、FFベンチはビデオカードが貧弱なせいか起動できず。
SuperπはおもしろいことにHOSTもGUESTも処理時間には変わりがなかった。ちなみにウチはAthlonX25200+で34秒。
もしかしたら、CPUパワーはHOST側から無尽蔵に持ってこられるのかもしれない。とかんがえると、やはり遅いという仮説はなりたたないよな。
まぁ、遅いと感じるのは画面表示がもたつくせいかもしれないが、それはビデオカードのせいだろうと思われる。

とまぁ、こんなところかな。MicrosoftはVPCは最終手段だと言っているけれども、使おうと思えば普通のXP並みに使えるんじゃないかという気がする。

それより気になったのは、デバイスマネージャで不明なデバイスが5個もあったこと。どうして、M$が自分で配ってるXPデータに不明なデバイスなんかがあるのよ? 全く謎である。


ちなみに、W7のベンチマークだが、以下のような感じだった。
・32bitバージョン
Score






・64bitバージョン
Score2






なぜか、64bit版だとCPU性能がちょっとよくなっているのが笑える。
これは、64bitCPUには64bitOS、ということなのかもしれない。


|

« 表示(BlogPet) | トップページ | 日曜日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50484/45249736

この記事へのトラックバック一覧です: VirtualPC:

« 表示(BlogPet) | トップページ | 日曜日 »