« 治らねえ | トップページ | めありーくりすます »

2008/12/24

すごい

責任のなすりつけあい。

本文だけ読めば、ホロリとくるいい話なのだが。
最後の段落がすごい。こんなストレートな責任のなすりつけあいはそうそうみられない。とにかく相手が責任取ってくれといいたくてしょうがないわけだな。
いやあ、これだからお役人さまのやることから目が離せないのだねえ。(嘲笑)

個人的には法律論なんだから、国がなんとかすべき・・・だと思います。

失業:廃モーテルの部屋無料提供に市「待った」愛知・岡崎

モーテルの開放を聞きつけたボランティアが次々と食料や家具を運び込んでいた=愛知県岡崎市で2008年12月17日、中村かさね撮影
モーテルの開放を聞きつけたボランティアが次々と食料や家具を運び込んでいた=愛知県岡崎市で2008年12月17日、中村かさね撮影

 愛知県岡崎市山綱町にある廃業したモーテルの所有者の女性(41)が、失業して住む場所を失ったブラジル人にモーテルの部屋を住居として無料で提供したところ、市建築指導課が「都市計画法違反にあたる」と指摘していたことが23日分かった。モーテルには県内外から在日ブラジル人の5家族計19人が移り住んでおり、女性は「市の指摘に従えば、寒空の下に彼らを放り出すことになる」と困惑している。

 市によると、モーテルがある地域は1970年11月に、開発を制限する市街化調整区域に指定された。住宅として使うには用途変更の許可が必要だが、所有者側から申請はない。ただ、申請があっても都市計画法上の用途変更の要件に適合せず、許可するのは難しいという。

 モーテルは3年前に廃業した。外国人労働者たちの窮状を知った所有者の女性は今月に入って部屋の提供を始めた。食料や家具は近隣のブラジル人や日本人が持ち寄り、入居した家族に提供している。一方、廃モーテルに人が出入りしていることを不安に感じる住民もいるため、所有者側は28日に地元の集会所で、住民らを対象に現状と経緯を説明するという。

 妻と子供2人の4人で入居したブラジル人男性のウォルテル・ビトレッティ・アモロゾさん(22)は9月末に愛知県東郷町の自動車部品工場を解雇され、貯金がつきて今月16日にモーテルに移った。現在は日雇いのアルバイトをしており「ブラジルへの渡航費がたまるまではここにいたい」と話している。

 岡崎市建築指導課は「法令上は入居できないと所有者に伝えた。ただ生活困窮者への支援という側面もあり、国には特例を認める措置も検討してほしい」と話す。国土交通省都市計画課は「法令上、許可は難しいが、弾力的な運用も可能だ。個別の事案は、許可権者の市が総合的に判断してほしい」と話している。

|

« 治らねえ | トップページ | めありーくりすます »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: すごい:

« 治らねえ | トップページ | めありーくりすます »