« なんとなく5時起き | トップページ | なんか急に »

2008/10/07

『卒業前小景』

しかしこの人のストーリィテリングはどうにかならんものか。長編は良し、短編もよし、しかも三ヶ月に一回文庫を出す、って化物ですか。

まあいい。読者としてはいい話が読めるんだから、なにも文句はないわけだが。

だば、例によって反転~。


桂さん初主役ですよ。まぁ、こういう短編形式でなければありえないことだけれど。しかし人に歴史ありというか、サブキャラにもちゃんと歴史を刻ませているんだからすごいね。一部には驚喜しそうなキャラですが。でもやっぱり名前はないのね。もはや出す気ないだしょ。確信犯?

もちろんメインキャラにも歴史あり。結局モノローグがなかったのは令さまと志摩子ぐらいか。
各キャラごとに視点が違うのは当然ではあるんだけどやっぱすごいなー。それぞれのキャラごとにちゃんと色が違うんだもんね。

ちなみに今回、めまぐるしくキャラ視点が入れ替わります。普段しゃべらないキャラのモノローグが聞こえてくるのもおもしろい。祥子さま2回目ですよ、確か。

その中で異彩を放っていたのが、藻音・美礼姉妹。もちろんすでに登場はしているのだけど、名前が出たのは初じゃないか? もしかしたらコバルト本誌では出てるのかな?ほぼ、山百合会関係者で占められているのに(例外はあるけど)、この二人だけちょっと異色だよね。卒業前小景なので、アクセントとしてアリなのかもしれないけど。

とゆーわけで、ストーリィ的な進展はなかったけど、各キャラの心情が描かれていて良かったのではないでせうか。

でもやっぱり、祥子さま卒業で話を終わらせる気かな。なんかそんな雰囲気をひしひしと感じさせたねえ。終わって欲しいけど終わって欲しくない。読者の心理は微妙なのです。

でも、最後に旧三薔薇がそろうのは純粋に楽しみだねえ。蓉子さま~。

|

« なんとなく5時起き | トップページ | なんか急に »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50484/42716906

この記事へのトラックバック一覧です: 『卒業前小景』:

« なんとなく5時起き | トップページ | なんか急に »