« 今夜こそ本当に | トップページ | 最終日 »

2008/09/13

き、きぼぢわどぅい・・・

今日の旅費:10751
とうとう、離脱症状があらわれた。
勇者の攻撃!

・・・じゃなくて。
ラリホーかけられて、攻撃受けっぱなしです。ゆるすまじ、ダースドラゴン。
・・・それでもなくて。
攻撃されまくりです。
頭痛・目眩・吐き気、といつもの三点セット。
原因ははっきりしているのだ。
旅行に持ってきた、ノリトレンの数が全く足りないので、勝手に個数制限をかけているせいなのだ。
まったく、うかつだったよなぁ。出かけるときにちゃんと確認したはずで、袋に入れたはずなのに、なぜか出してみると数が足りない。まったくこのいい加減な性格を何とかしたいものだ。でもならないのだなこれが。
とゆーわけで、薬の数が全然足りない。よって、飲む数を減らす。結果として離脱症状が発生、という負のスパイラルなのであった。
しかし、ホントに気持ち悪い。
明日が東京に帰る日なのだが、無事にたどり着けるか正直自信がない。
まぁ、帰りは時間がかかろうが高かろうが、気楽に行けるバスで帰るつもりだが、ね。


とまぁ、そんな感じなので今日の旅行レポートはあとで提出したいと思います。よろしく先生。って誰やねん。


<追記>
回復したので、追加を。
朝起きて、宿のまわりを散策。
Kif_0330これは、白髭の滝。結構長い吊り橋から見たのだけど、高所恐怖症の私には酷な話でした。もう、あとはまっすぐわたるだけ。いや、吊り橋ったって、全然揺れないしっかりしたものなんですがね。
そのあと、十勝岳火山砂防情報センターへ。ちっちゃな階段があったので楽勝だとおもったら、曲がった先に延々と続く階段が。一人だったら絶対あきらめてたね。悔しいからぜひ白金温泉にいったときは見に行くといいですよ。火山活動の話とか歴史とか教えてもらえます。いやホントに。かしこさが2あがった、ような気がしますよ。しっかし、緊急時には町民の避難場所になるということだが、あの階段をクリアするのはかなーりきっつい気がする。頑張ってね(誰に?)。

昼飯は旭川に出て、旭川ラーメンを食う。
つもりだったのだが。
Kif_0332Kif_0333
友達に教えてもらったつるやはなんと、臨休。ま、結婚式だからおめでたいよね。関係ないけど
というわけで、もう一件目星をつけておいた、一蔵へ。こっちはちゃんと営業していた。
Kif_0335まぁ、うまかったんじゃないでしょうか。縮れ麺って、インスタントラーメンでしか最近目にしないので、ちょっと新鮮だった。こんなにネギばっかりじゃバランス崩すんじゃないかと思ったけど、食ってみればそれはそれでありかな、と。

んで、旭川→札幌。高速を使ったので1時間ぐらいで札幌へ。で、何をしようと思ったのだが、北海道のオン友がサッポロファクトリーで天野喜孝展をやってるとゆーので、そこにいってみる事にした。まぁ、私は熱狂的なファンというわけではないのだが(FFもやってないし)、結構昔から気になる絵師さんではあったので、空き時間を潰すにはちょうどいいかな?とか。入場無料だし。
行ってみると、よくある、原画とかを売りつける商売をやっている展示会であった。ま、わしらはとても金を持っているように見えなかったのか、買わないぞオーラを読みとったのか、買え買えと勧められることはなかったな。まぁ、良いことである。絵の方は20点ほど。やっぱすごいや。どうやってこんな絵描けるんだろう・・・と絵の描けない私は思った事よ。

晩飯は、やっぱりラーメン。いやぁ。純連とすみれが別物だってのは、今回初めて知ったよ。すみれは昔行ったことがあるので、純連に行くことにした。
やっぱり、札幌ラーメンといえば味噌だろう・・・とゆーことで、味噌チャーシュー。
Kif_0336個人的には、味噌ってあんまり好きじゃないんだが、まぁ郷に入り手は郷に従えとゆーことわざもあることだし、味噌ラーメンにした。
実際の所、ここら辺から離脱症状が始まっていたので、あんまり記憶が定かではない。たしか、もっかい来てもいいかな・・・というぐらいの気分だったような気がする。

で。
晩飯2個目。
相棒がスープカレーが食いたいというので、急遽店をピックアップ。一応宿に近いところとゆーことで、天竺という店に行くことにした。
辛さを選べると言うことなのでベリーホットを選んでみた。連れはノーマル。もう一個辛いのにしようかな・・・とも思ったのだが、脳が半死半生の状態だったのであきらめた。
Kif_0337
けっかー。
まあ、うまいんじゃないですかね? しかし、一緒に出てきたターメリックライスとこのスープをどうやって食えばよいかちと迷う。店の張り紙にはどんなで食ってもよいよ・・・とは書いてあったが、どう食ってもバランスがイマイチだった。これだったら、ナンと一緒に食った方がうまいような気がしたのだが、ナンはメニューにないのであった。
超辛はさすがに辛かったが、その痛みが脳の痛みを麻痺させたのか、ちょっと元気になった。
まぁ、元気になったって、あとは宿行って寝るだけだけどさ。
そして次の日に続く。

|

« 今夜こそ本当に | トップページ | 最終日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50484/42465366

この記事へのトラックバック一覧です: き、きぼぢわどぅい・・・:

« 今夜こそ本当に | トップページ | 最終日 »