« なんだかなぁ。 | トップページ | そういえば »

2008/07/22

希死念慮

使用度:0
貯蓄度:1090

まぁ、普通の人は知らないと思うけど。ATOKも変換できなかったし。

要するに、死にたくなる気持ちなわけだ。これが高くなると自殺したりするようになる、と。
某所に「30%の希死念慮とは」という記事があったが、これを読んでみて自分でも納得かなぁ、と。
自殺未遂をやらかしたときには80%とかかなりの高濃度だったのが限りなく100に近づいた(結果として失敗してるわけだから100%ではなかったのだろう)と思う。
その後、うつ病認定されて薬を飲むようになり・・・という時点で感覚としては30%ぐらいだったのではないかという気がする。
30%ってのはどのくらいかというと、「なにかで死なないかな」という程度のものだとおもう。積極的に死にたいとおもうわけでもなく、かといって普通の人並みに希死念慮などまるでないというわけでもない、それぐらいのパーセンテージだと思う。
80%とかそういうのに比べれば、全然かわいいもので普段の生活には全然影響しない。ただ、ちょっと気持ちに空白が出来たとき(例えば寝るときとか)にふと死にたい気持ちになる。これぐらいなら実際に死に至るということもないし楽勝なわけだ。

で、今はどうかというと、おそらく5%ぐらいだろう。たまーに、死なないかなと思うこともあるけれども、その頻度は30%の頃に比べると非常に頻度が落ちている。ま、このまま治癒に向かえば言うことないわけだ。

しかし、最近になって発生したんだが、夜寝ている内に寝たまま起きあがってベランダから飛び降りたらどうしようという不安が出てきてるんだよね・・・。現実的には、寝たまま窓を開けたりベランダ乗り越えたりなんてこたないとはおもうものの、なぜかそういう不安がとれない。まさか、実際に実行するわけではないとはおもうが・・・?
まぁ、何でこんな悩みが出てきたのかは謎である。これは、希死念慮とはちょっと違うような気がするんだけどねぇ。

|

« なんだかなぁ。 | トップページ | そういえば »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 希死念慮:

« なんだかなぁ。 | トップページ | そういえば »