« 梅雨到来 | トップページ | そーいえば。 »

2007/06/30

『フレーム オブ マインド』

実は感想書きづらい本だったりするのだが・・・ま、とりあえず。


 なんと、まだ妹問題にけりつかなかとですよ!!!
 ・・・って、そのネタは前に使いました。
 
 いや、冗談でさ。次の新刊は短編集だったりして。とか言いましたよ? 言いましたけどさ。まさか、ホントにそうなるとはねえ。ある意味恐るべしだよ。うーむぅ。しかし、こうやってもったいぶればぶるほど、姉妹の儀式へのプレッシャーが強くなるような気がするんだけどね。まぁ、余計なお世話か。

 表紙に蔦子さんって、もしかして蟹さま以来の快挙? 良く覚えてないけど、主役クラス以外なのって随分ひさしぶりな気がする。

 私はコバルト本誌は全部読んでるわけではないので、見たことがあるやつもあればないやつもあり。いつの間にか・・・っつーとあれだけど、結構書きためてるものなんだねえ。今回は、今までにくらべるとページ数が多い。

 個人的に一番印象に残っているのは、不器用姫。レイニーブルー以来のダークな話ではないだろうか。雑誌でも読んでいたのだけど、こうやって再読すると改めて落ち込む・・・。

メイン(?)なのは、写真部の二人なわけだが、この二人どういう関係なんだろうねえ。姉妹にはなってないと再三書かれているけれども、そのつもりもないのかそれとも溜めているのか。

 最近、薔薇の住人の話ばっかりだったから、桂さんだの真美さんだのでてくるだけでほっとするー。まるで並薔薇さまとはおもえない露出っぷりが・・・。(笑)

 あー。やっぱり、あんまり書くことないやー。やっぱり、話的には短編集は妹問題が解決してから、やってほしかったねえ。

|

« 梅雨到来 | トップページ | そーいえば。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50484/15605842

この記事へのトラックバック一覧です: 『フレーム オブ マインド』:

« 梅雨到来 | トップページ | そーいえば。 »