« 4/24の収穫 | トップページ | 忘れてるし »

2007/04/25

最も地球に似た惑星

 朝日新聞から全文引用。
#それは引用じゃねえ。
##だったら、載せた記事を簡単に消すんじゃねえ。

とゆーわけで、
「 欧州南天天文台(ESO)は24日、これまでに見つかった太陽系外惑星の中で「最も地球に似た惑星」を見つけた、と発表した。平均温度は0~40度で、生命の誕生に不可欠な液体の水が存在できる。表面は地球のように岩や海で覆われているとみられるという。

 この惑星は、てんびん座の方角の、地球から20.5光年離れた場所にある。直径は地球の1.5倍、重さは5倍ほどで、これまでに見つかった太陽系外惑星で最も小さい。太陽より小さな恒星(赤色矮星(わいせい))を、13日間の周期で回っている。

 惑星と赤色矮星との距離は、地球と太陽との距離の14分の1しかないが、赤色矮星の温度が太陽よりずっと低いため、水が液体で存在できる適温が保たれている。

 観測チームは「将来の太陽系外の生命探査で、最も重要な探査対象になる」と強調している。 」

 いじょ。
 いやー。いいねえ。夢だねえ。
 生物について言及されてないってことは、いないってことなのか。それともそこまで確認できないのか。でも植物が茂ってたらきっとわかるよね。とゆーことで植物はなし、と。そうすると大気組成に酸素がないってことだな。二酸化炭素と窒素の割合がどれくらいなのかによって、地球との違いが出てきそうだが・・・。
 違うと言えば重力。直径が地球の1.5倍ってことは体積比で言うと2.25。重さが5倍ってことは重力は地球の2倍(ほんとか?)。この星に移住できたとしても、2倍の重力の中で生活するのは大変だなぁ。
 いやまぁ、そのまえに約20光年をどうにかして超えないといけないわけだが。ワープ航法はどうやら否定されてるらしいので、あとできる手段としてはコールドスリープかねえ。これなら時間差はあるけど、確実に着ける(か?)。その場合、地球には二度と戻らないっつー覚悟がいるけどな。

| |

« 4/24の収穫 | トップページ | 忘れてるし »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 最も地球に似た惑星:

« 4/24の収穫 | トップページ | 忘れてるし »