« 12/22の収穫 | トップページ | 年の瀬 »

2006/12/23

「クリスクロス」

クリスクロスっつーと、「バロムクロス(バロム1)」とか「クロスクリス(T&T)」とか思い出すなー。(イミ不明)
別に一般名詞じゃないとは思うけど、要するに、ベクトルの違う線が奇跡的に交差するってことだよね? そりゃあ、奇跡だとも。ベクトル線なんてふつう交差せんわな。
交差かぁ。そろそろ妹問題はケリが付くのかねえ。(前もこのネタつかったな・・・)

それにしても、恐ろしいのは今野緒雪。こんなに短期間に話が作れるんだから恐ろしいというか何というか。しかも、それでクオリティ下がってないもんなー。登場人物の気持ちの重ね方とか、ありえねえ・・・ってぐらいの立体構成ですよ。すごいよね。きっと本人の書きたい欲ってのがとんでもないのだろうね。見習わなくっちゃなあ。(なにを)

とゆーわけで(?)、以下ネタばれ。

「私を、祐巳さまの妹にしていただけませんか」
よく言ったッ。瞳子ッ。・・・って感じ? 普通、姉妹の契りは年上の方から切り出すわけだから、ちょっと意外というか。でも、らしいというか。
それにしても、瞳子は出てきたときは憎たらしいだけの小娘って感じだったのに、いつのまにかどんどん可愛くなっていっちゃって。変われば変わるものだねえ。まぁ、瞳子本人には異論があるかもしれんが。
とはいえ、社会科準備室から薔薇の館まで来るのにちょっと時間があいてるのが気になるね。なにかもう一波乱あったんじゃないか? んー。ここで波乱っつーと可南子かぁ? でも可南子は最近人物紹介からもリストラされてるしねえ・・・。じゃ、なんだ?

可愛いといえば。祥子さまが可愛い。なんたって、照れ照れですよ? いあ。チャオソレッラのラストでも照れ照れだったけど、今回はイラスト付きですからねえ。破壊力も増そうというもの。しかし祐巳は果報者(?)ですなあ。

可愛いと言えば。白薔薇が可愛い。この二人はなんとかならんのか、とゆーぐらい可愛いね。思えば、ほかに可愛い姉妹ってのがいないんだよねー。紅薔薇は違うし、黄薔薇も違うし。新聞部姉妹も違うしなー。旧薔薇姉妹も違うしね。とゆーわけで、まりみての可愛い姉妹部門を独占しているわけだが。しかし、乃梨子の「頭痛い」っつー台詞はもはや過去のものだね。

可愛いわけではないけど。桂さん再登場。ずいぶん久しぶりの参加(?)ですわ。別に私は興味ないけど、某絵板では固定ファンがいるので忘れてはいけないキャラではある。

それにしても令さまはどこに由乃のカードがあると思っていたのか? ちょっと考えれば二人のイベントたくさんの武道館だが、あそこは隠す場所ないって再三言われてるしなあ。・・・そーするとどこだ? まぁ、外れちゃったんだからかんけーないかもしれないが。

そーいえば、由乃さんファンがいることが判明しましたねえ。ほかの薔薇と比べると、黄薔薇の影が薄いのは宿命みたいなもん(えー)だっただけに、一安心やね。きっと剣道部の一年ではないだろーが・・・。

それにしても白いカードはどこだ? 出てきたヒントは「ま」「る」「た」「く」「の」「うさぎ」。ふぅむ? しかし、ヘタ令に続き、ウサ・ギガンティアも公式設定になっちゃったねえ。(笑)

そーいえば、蔦子さん。チョコもらうつもりだったんだ・・・。それはそれで意外。(笑) しかし、あの蔦子女史を困惑させるとは・・・。笙子の将来もあなどれないよ。


あとがきで「おあずけが多くて、ごめんなさい」ってかかれてるけど、別にそんなことも感じなかったな。やっぱり、ここ数巻で一番の山は祐巳の妹問題なわけで。それを超えたーって気がするからあんまりおあずけ食らった気はしないねえ。いやまぁ、ここで祐巳がそれはできないとか言い出したらおもしろいけど。いや、おもしろかないか。

とゆーわけで、次巻も楽しみだぁね。

|

« 12/22の収穫 | トップページ | 年の瀬 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50484/13172253

この記事へのトラックバック一覧です: 「クリスクロス」:

« 12/22の収穫 | トップページ | 年の瀬 »