« cronが動いてねえ。 | トップページ | かび »

2006/08/19

とりはむ

 なんでかしらんけど、ここ1週間あまり「鳥ハム」のキーワードで検索してくる人がやけに多い。なんで? テレビかなんかでとりあげられたんかね???

 まぁ、ウチは鳥ハムサイトではない(なんだそりゃ?)ので、作り方はヨポポさんとこを参照してもらった方がいいと思うのだが、まぁせっかくなのでウチの作り方も書いておこう。(こうやって、方言がふえていくのだな(笑))

<材料>鶏胸肉2枚(同程度のサイズのモノがいい、1枚200~250gぐらい?)
1.鶏胸の皮をはぐ。(皮は別にしてあぶって食う)
2.砂糖を一枚につき小さじ1ほど振って、肉に擦り込む。(ウチで使ってるのは普通の砂糖だが、蜂蜜とかもいいらしい)
3.(省略可)バジルと胡椒を気持ち大目に振って、肉に擦り込む。(セージとかオレガノとかもいいらしい?)
4.塩を一枚につき大さじ1ぐらい振って、肉に擦り込む。(肉がざりざりするがそれでよい)
5.肉をラップで中の水分が漏れないぐらい、ぐるぐるまきにして冷蔵庫に放り込む。(空気を入れないこと)
6.2日放置。
7.ラップを外して、ボールに入れた水の中に1時間ほど泳がせる。
8.水から上げて、キッチンペーパーで水を取る。(ここで、しっかり水を取っておくと、あとで合わせたときにぴったりくっつく)
9.2枚合わせてたこ糸でぐるぐるまきにする。(あんまり力を入れると食い込んでしまうのだが、実はあまり力はいらない)
10.たこ糸の上からラップでぐるぐる巻きにして、中身が空気に触れないようにする。
11.ラップの上から、さらにたこ糸でぐるぐる巻きにする。(このとき、ちゃんと成形するとできあがりが美しい)
12.鍋に11がつかるぐらいの量の水をいれ、沸騰させる。(この鍋は普通の鍋。保温鍋じゃない方がいいらしい)
13.沸騰したら11を入れたら、火を止め蓋をする。
14.そのまま自然に冷えるまで、ひと晩ぐらい放置。(煮汁はラップの成分が溶けてるかもしれないから再利用しない方がいいようだ?)
15.水から上げて、余分な水分を取り、冷蔵庫で半日ぐらい寝かす。
16.食う。
17.うま。


とまぁ、こんな感じ。手間はいらないけど、時間はいる・・・って感じかな。 ただ、ウチの作り方は夏には向かないような気がする。腐ったらやだもんねえ。

 ちなみに、ウチの鳥ハム関連記事は以下の通り。
http://tokitami.cocolog-nifty.com/sasameki/2005/11/post_a9d3.html
http://tokitami.cocolog-nifty.com/sasameki/2005/05/post_969d.html
http://tokitami.cocolog-nifty.com/sasameki/2004/10/post_8.html

|

« cronが動いてねえ。 | トップページ | かび »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50484/11511301

この記事へのトラックバック一覧です: とりはむ:

« cronが動いてねえ。 | トップページ | かび »