« fetchmail | トップページ | 『われはロボット』 »

2004/11/04

I robot.

 今更といえば限りなく今更だけど(笑)、“I robt.”を見てきた。SF好きなら見とかないとね。実は、小説の方(われはロボット)は未読なのだが・・・SF好きとか自称しといてその程度かい。(^^;

 いままあ、それはおいといて。私はたいてい映画見る前に本を読んでおくタイプなのだが、今回は逆パターンに挑戦。・・・挑戦? いやあ、買った本を読まずに取っておくってのは一種挑戦だろう。ま、単に積ん読になってるのも多少あるけどさ。
 やっぱり、映画より本の方が好きなんだねぇ。もともと動画(というか動くモノ)に慣れてないから、3Dゲームやれば酔うし、船酔いはするし、ブランコですら酔うからなあ・・・わしゃ。その点、本なら酔わないし。(笑)
 もちろん、映画にも捨てがたいところが多々あるから、見に行くんだけど。
 まあそんなこんなで、たまには映画を見てから本を読むのもよかろう、ってな感じで。いろいろ新境地に至るかもしれないし?
 さすがに興行終了間近ということで、人の姿はぱらぱら。でも、予想よりはずっと多かったなあ。今頃見ようなんて奇特な人間はせいぜい一桁だろうと思ったんだが。


 内容の方は・・・まあ古典だねえ、と。そういう意味ではつっこみどころ満載なんだけど、いくつかに絞ると・・・ハードウェア的には頑丈に作りすぎってのと、ソフトウェア的にはログを活用しようよってことかな。(笑) 家庭用ロボットをあんなに堅く作ったらコスト面で採算とれないだろうなあ、とか。改竄されてる可能性はそれとして、まずトラブったらログを見ないとね、とか。こういうところが古典の風味を醸し出してるよな。
 いやいやいや。古典が悪いとは全然言ってなくて。数十年前に書かれた近未来の危機だけど、以外と現在から見た近々未来はこんな感じになるかも知れないと想像させるところとか? ・・・それは怖いなあ。
 多分、きっとこれがなければ劇版パトレイバー(一作目)とかなかっただろう・・・という気もするし。


 とりあえず、本を読むのが楽しみになったのは確か。買ったまんま封印してあった『われはロボット』を取り出してみることにしよう・・・。

|

« fetchmail | トップページ | 『われはロボット』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50484/1864777

この記事へのトラックバック一覧です: I robot.:

« fetchmail | トップページ | 『われはロボット』 »